スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソーシャルネットワーク時代、シャークアイランド新聞時代

この震災がおきて数日もたたない内に
エチオピア、ガーナ、アメリカ、ネパール…様々な国に住む友人から
安否を気遣うメールやメッセージがきた。
また、フェイスブックやツイッターなどを通じて、
海外で行われているチャリティイベントなどのアクションを、
遠いどこかからきたニュースではなく親しい人の体験として知ることができた。
世界がつながっているのだと、心暖まると同時に、
こんなこと、自分が子供のときには考えられなかったなあと改めて思う。

私の物心ついた頃から中学生になってイランで一緒にはじめるまでの10年近く
父とは、日本と海外ずっと離れて住んでいた。
あの頃はまだネットが普及していなくて
母や妹と一緒に、よく手紙を書いたものだ。

時には手紙に添えて、模造紙で作った手製新聞を送ることもあった。
その名も「シャークアイランド 新聞」。
今にしてみればまあどうかと思うネーミングセンスだが(笑)、
見出しも、家族の近況をまとめた記事も、落ちのない4コマ漫画も
本物の新聞のレイアウトをまねして一生懸命作っていたのを覚えている。
ポータブルカセットレコーダーを買ってもらって、意気揚々と”突撃取材”もしたりした。
といってもお相手はいつも母や祖父母、話題も日常の瑣末ばかり、
実際は突撃どころかさぞかし微笑ましい光景だったことだろう。

父は筆まめではなかったから、返信はさほど頻繁ではなかったが
たまに送られてくる絵はがきからは見知らぬ世界の匂いがして
いつもドキドキしていた。
私の旅好きの原点はその辺にあるかもしれないと、振り返って思う。

そんなわけで、インターネットがなかった時代もそれなりに
楽しかったような気もするが
当時、父の赴任先は北アフリカや中近東など情勢不安な国ばかりだったので
母の方は内心気をもんでいたことだろう。
今は遠く離れている人とも、文字通り瞬時につながることができるのだから
やはり便利である。
スポンサーサイト

Comment

RE: こども新聞

コメントありがとうございます。
昔はよかったとか、悪かったとか
いろいろな意見があると思うけど
どんな時代でも子供は子供なりに
その時を楽しめるのものなのかもしれませんね。

こども新聞

ブログを読んで、ほほえましい幼少の頃を想像し、何ともホッコリした気持ちになりました。
人と繋がる手段は様々に変われども、それなりに楽しめて、ワクワクドキドキ出来る。
無意識なのかもしれないけれど、
とっても素敵な事だなぁ。
非公開コメント

Twitter
 
resent post
全タイトルを表示
category
tags

エチオピアンビューティ 風景  東日本大震災 イベント HIRUT co_samet クリエイター 音楽 製作風景 革にまつわるエトセトラ anduametのこだわり ダンス アート 職人さん 

calendar
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
profile

hiroko

Author:hiroko
株式会社andu amet代表

ETIC.ソーシャルベンチャースタートアップマーケット第1期メンバー
http://startups.etic.or.jp/archives/231/

イノベーショングラント第5期フェロー
http://www.i-grant.jp/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。