スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シバの女王の絹糸

エチオピアには「サバハール」というブランドがあります。
サバハールとはこちらの言葉で、シバの女王の絹糸という意味。
野蚕を使った美しいスカーフやオーガニックコットンで作ったテーブルクロス、ベッドカバーなどのファブリックを扱っています。
なかなか高級なブランドで、シェラトンやヒルトンなど超高級ホテルでごく一部が販売されている以外、ほとんどは海外マーケットに輸出されています。
http://www.sabahar.com/

オーナーのキャシーさんはカナダのご出身。
1994年に旦那様と一緒に初めてエチオピアに訪れて、以来援助機関で働いていらしたのですが、
寄付や援助ではなくビジネスの機会を与えることこそ重要だと2004年に起業。
アダプトされたかわいいエチオピア人の女の子二人を育てながら、切り盛りされていらっしゃる
まさに、私の事業の先輩とでもいえる方です。

今日は、このサバハールの美しいシルクの布地をジャケットや鞄の裏地として使えないか、
そして今回の起業にあたってのアドバイスをもらえないかと、
都心からちょっとはなれたこの直営店兼工房へやってきました。

見過ごしてしまいそうなほどシンプルで素朴な看板。
sabahar.jpg

入り口にはジュースのパックに栽培されたラベンダー。
0104avender.jpg

奥には完成し、きれいに洗われた製品が気持ちよさそうに風に揺られてます。
0104_skerfinwind.jpg

ドアをあけるといきなり彼女が掌に蚕をのせて出迎えてくれました。
0104_kaiko.jpg
か、かわいいかも。

お子様方はおびえていますが…。笑
0105kaikokid.jpg


そして、ビジネスの相談。

最貧国エチオピアでも、やり方しだいではいいものは作れるよね、
例えばあれとこれをつなげて、
こういうところは難しいから工夫して…
といった感じでめちゃめちゃ盛り上がって、
あっという間に時間はすぎました。
本当にスーパーパワフルで、とてもすてきな人でした。
(話が盛り上がりすぎて、写真をとるのをすっかり忘れてしまいました)

ひとしきり話が終わり、今度は工房を見せてもらうことに。

機を織る人。
0104機織り
エチオピアでは機織りは男性の仕事。
「訓練?ここではしない。腕のいい職人をやとうの。うちは営利企業だからね。NGOとは違うの!」
キャシーさんは笑いながらも強調。

蚕の繭から糸を紡ぐひと。
0104糸紡ぐ人
野蚕特有の素朴な風合い。
糸を紡ぐのは女性の仕事。

製品につける花飾りを糸でつくっている人。
girl in sabahar
なんだかのんびり、きもちのいい空間。

こうしてできた製品はこちら。
0104_products.jpg
天然の植物で染めたとは思えないほどカラフルで美しい仕上がり。

エチオピアでこのような企業を作って続けていくというのは並大抵のことではないはず。
でも、この美しいスカーフを身につけると
たくさん勇気やわくわく感をもらえそうな気がします。
早くわたしもこの国で、そんな風に人の心を動かせる製品を作りたい、と
心から思いました。


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

Twitter
 
resent post
全タイトルを表示
category
tags

エチオピアンビューティ 風景  東日本大震災 イベント HIRUT co_samet クリエイター 音楽 製作風景 革にまつわるエトセトラ anduametのこだわり ダンス アート 職人さん 

calendar
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
profile

hiroko

Author:hiroko
株式会社andu amet代表

ETIC.ソーシャルベンチャースタートアップマーケット第1期メンバー
http://startups.etic.or.jp/archives/231/

イノベーショングラント第5期フェロー
http://www.i-grant.jp/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。