スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紫色の空と石

読経の響きで目が覚めると、東の空がうっすらと明るみはじめていた。
そうだ、今日は元旦だから初日の出を見なくちゃ…とダウンを着込み、毛布をぐるぐる巻いて外へ。

曇っていたので太陽の形は見えなかったけど
赤紫色のご来光。
IMG_0543_convert_20110104171919.jpg

とはいえ1月1日はこちらでは平日なので、今日も普通にお仕事。
今朝は現地の宝石商と会うことになっていた。

実は私は、自分のプロジェクトのほかに、
途上国の素材などを使っている、あるエシカルジュエリーブランドの
プロボノを3年くらい続けている。
今回エチオピアで、そのジュエリーに使う素材も見つけたいと思っていたところ、
こちらでごくわずかに採れる宝石のことを聞きつけたのだ。

とあるホテルの裏庭に連れていかれて、
そこに停めてある車のトランクをあけると、
大きな宝石の原石がごろごろと。
trunk.jpg

あまりにも石が大きすぎて輝きが分かりにくいけど、
小さくカットされたアメジストかけらを見ると、きれいな紫。
今朝の空みたい。
ame.jpg

ほかにも、タンザナイト、サファイヤが。
私は石の見分けができないので、
こちらで知り合ったカナダ人のジュエリーデザイナーを連れていったのだけど
彼も、石を光に当てながら「なかなか悪くないね」と唸っていた。

ただ、この宝石商は金のガリガリ亡者で
とにかく金をくれ、早くくれ、先にくれ、たくさんくれと
まるで話にならないので、商談には至らず。
せっかくいい石を持ってるのに、こんなんでどうやって商売するんだろう。
エチオピアには残念ながらこういう人がとても多い。
もったいないなあ…。

とりあえず、今日はエチオピアでこんなに美しい石が採れるということがわかった。
もうちょっと調べてみる価値がありそう。

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

Twitter
 
resent post
全タイトルを表示
category
tags

エチオピアンビューティ 風景  東日本大震災 イベント HIRUT co_samet クリエイター 音楽 製作風景 革にまつわるエトセトラ anduametのこだわり ダンス アート 職人さん 

calendar
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
profile

hiroko

Author:hiroko
株式会社andu amet代表

ETIC.ソーシャルベンチャースタートアップマーケット第1期メンバー
http://startups.etic.or.jp/archives/231/

イノベーショングラント第5期フェロー
http://www.i-grant.jp/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。