スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「昭島チャリティイベント」レポート

こんにちは。andu ametのプロボノメンバーの吉水です。

東日本大震災のちょうど1年後にあたる、2012年3月11日、
いつもandu ametを応援してくださっている
エコランド(株式会社ウィンローダー)様主催の
被災地支援イベントが昭島で行われ、
andu ametも参加させていただきました。
今日はそのレポートをお届けいたします!

当日は、ライブやチャリティフリマ、飲食の販売やトークショーなど
さまざまなプログラムが用意されていました。
エコランド様はリサイクルショップですので、
andu ametでも「レザーのはぎれを利用したブックマーク製作」という、
資源を有効活用したワークショップをすることに。

pict-31.jpg

ワークショップは、リサイクル品とはとても思えない素敵な家具や食器が並ぶ
エコランド様の店内で開催しました。

pict-16.jpg

作り方はとっても簡単!

1.最初に好きな色の革のはぎれとひもを選びます。

pict-29.jpg

2.ひもを適当な長さに切り、先端にビーズを通します。
(用意されたビーズは、色がキレイで形の変わったものばかり。
 かつてアクセサリーデザイナーだった鮫島のセンスが生きてます!!)

3.革を長細い二等辺三角形に切ります。
この大きさにより出来上がるサイズや厚みが変わってきます。

pict-21.jpg

4.三角形の先端付近に切り込みを二箇所入れたら
 ボンドを塗り、
 2のひもにくるくると巻きつけていきます。
 先端部分を切り込みに入れ込んで、
 ボンドでしっかり接着。

pict-26.jpg

6.片方が終ったら、反対側にも同じように三角形を巻きつけていきます。
これで完成♪
選ぶ革の色やビーズでまったく異なる雰囲気になります。

pict-24.jpg

pict-25.jpg

pict-27.jpg

使った革ははぎれですが、その滑らかさや柔らかさに
皆さん感動されていたご様子。

今回ワークショップに参加していただいたのは、
小さなお子様のいらっしゃるご夫婦や小学生、ご年配の方など様々でしたが、
皆様ワークショップを楽しんでくださり、
とてもうれしそうにブックマークをお持ち帰りされていたので
一緒に参加した私もとても暖かい気持ちになれました!

pict-22.jpg

また今回は、現地工房の革職人さんが
日本のことを考えながらひとつひとつ手作りした
チャリティバングルの販売もさせていただきました。

products.jpg

このチャリティバングルは、企画元である日本エチオピア協会様を通じて”全額”が義援金として寄付されます。
(詳細はこちら

15:30~からは、代表鮫島によるトークショーも実施いたしました。
タイトルは「HAPPYを身にまとうーエシカル ファッションという選択」です。
日本の復興を支える、これからのものづくりのあり方や
andu ametの取り組みなどの話があり、
まだ寒い、風の強い中、たくさんの方々に耳を傾けていただきました。

トークショーを聞いて、andu ametにご興味をもち
ワークショップにも足を運んで下さった方から
今後も応援しますとのお声もいただけてとても励みになりました!

復興支援活動に本気で取り組んでいらっしゃるエコランド様と一緒に、
去年のこと、これからのことを考える機会をいただけたことも感謝しています。
andu ametとしてできることを、代表鮫島や他のメンバーと一緒に
これからも少しずつ考えていきたいと改めて思いました。

(吉水)





スポンサーサイト

「極上のエチオピアン・シープ・スキンで作るレザー・クラフト講座」レポート!

こんにちは。andu amet広報担当のプロボノ、鈴木です。
先日、渋谷のおしゃれなカフェ「SUNDALAND CAFE」にて「極上のエチオピアン・シープ・スキンで作るレザー・クラフト講座」が開催され、講師をandu amet代表の鮫島と、パートナーで元青年海外協力隊 皮革隊員の星が務めました。
今日はその様子をレポートしたいと思います!


14:00~ ワークショプ開始
今回のワークショップを企画くださった日本エチオピア協会理事の山本様よりご挨拶。実は山本様はエチオピアの文化について知らないことはないという、自他共に認める<エチオマニア>でいらっしゃいます!

続いて講師の二人から自己紹介と、エチオピアン シープ スキン及び本日作るアイテム「アイピロー/アイマスク」についての説明です。
使用するエチオピアン シープ スキンを実際に触って頂いたのですが、革とは思えないその感触に皆様驚かれたご様子。それもそのはず。シルクのようななめらかさで、一度触れただけで、革のイメージが覆されてしまうのです。またエチオピアの羊は標高が高く、寒暖の差が激しいところで生息しているため、非常に丈夫でもあるそうです。

pict-02.jpg

14:30~ 製作
まずは革の色を選択。茶色、焦げ茶色、ピンク、ベージュなど用意された色の中から自由に組み合わせます。
0310PICT1.jpg

次に裁断作業です。型紙に沿って事前につけられた線の通りに慎重に革を切っていきます。ハサミは革専用の特別なもの。一般のハサミでは革はきれいに切れないそうです。

pict-01.jpg

切り取り終わったら、いよいよ針と糸の出番。顔、角、胴体を作り、それぞれをくっつけるという作業です。糸にはすぐに抜けないようロウが塗られています。(少し固めの感触。)また、糸は針に通すだけではなく、途中で抜けないようなちょっとした工夫も必要。

pict-04.jpg

0310PICT2.jpg

最初は難しい革の裁縫も、少しすると皆さん慣れてきた様子。真剣な表情の合間に楽しくおしゃべりをする笑顔が見られました。

423675_322931917764003_188397854550744_935936_9643825_n 3:31:2012

完成までもう少し!袋状に縫い合わせた胴体部分を中表にしたあと、お腹の部分にペレットや小豆、綿などを詰めます。

pict-10.jpg

pict-8.jpg

形のバランスをみながら少しずつ足していき、最後に、中身を詰めるために少しだけ開けていた部分をきれいに縫い閉じたら完成!!

419308_200941300011482_148422198596726_295437_1117851127_n 3:31:2012
プロボノ吉水・高野(手前)も今日は一般のお客様に交じって参加!

15:15~撮影大会
制作者それぞれの個性が表れた素敵なアイピロー/リストピローたち。上質な革でできた羊のかわいらしさや触り心地に皆さん大満足のご様子。

pict-11.jpg

pict-001

15:30~ティータイム
スペースをご提供くださった「SUNDALAND CAFE」ご自慢の絶品ケーキ&飲み物を頂きながらエチオピアの風景やandu amet工房の様子などを収めた映像を鑑賞。鮫島よりブランドについて改めて紹介がありました。

そして最後に…本日のワークショップの素材と同じ、極上のエチオピアシープスキンで作られたandu ametの新製品たちのお披露!4月の発売より一足早く、本邦初公開です。エチオピアの職人さんと私たち日本人スタッフの想いが一つ一つに込められたバッグを実際に手にとって頂き、素材の触り心地の良さや軽さなどを体験して頂きました。参加者の方からは「可愛いー!」「軽い!柔らかい!」という声が沢山聞かれました♪

pict-14.jpg

当日はあいにくの大雨でしたが、おかげ様で大盛況。楽しいワークショップになりました!ご参加くださった皆様、本当にありがとうございました!!

~ご参加くださった方々の感想~
「ふわふわですごく気持ちいい!」
「リストピローは直接肌に触れて使うものなので、エチオピアシープスキンの素材の良さをものすごく実感できました。革を縫うのは初めてで、針や糸、ハサミなども全て普通の洋裁用のものとは違うので難しかったけど、楽しかったです。」
「この体験によって、どれだけ現地の方が苦労して製作しているのかも理解出来ました。製作だけではなくお話や映像があったことで、エチオピアやエチオピアシープスキンの魅力がより伝わって、良かった!」etc...

(鈴木)


職人さん募集中

製作スタッフを増員するため、
今、毎日新しい人と会ったり、サンプルを作ってもらったりしています。
これが、実はなかなか大変な仕事。

この国では、数時間単位の遅刻や無断欠席、納期遅延、
できないことをできるといったり、作業が雑だったり
といったことがデフォルトなのです。
(とくに職人さんや労働者階級の人)

もちろん、中にはきちんとしている人もいます。

日本の皆さんからすると、
初めからきちんとしている人だけ採ればいい、
と思われるかもしれません。
私も心底そうしたいと思っています。
でも、そこにこだわっていると
腕のよい職人さんはまず見つけられないという現実があります。

そんなわけでandu ametでは
時間どおりに工房へ来て、
指示どおりの製品を納期どおりに納めるのが
当然に感じるてもらえるようになるまで
時にきちんと注意し、時になだめすかしながら、
忍耐強く一緒に仕事をし続けています。

前回来たときに採用した、もとストリートチルドレンのTが
今回すごく成長していて驚きました。
ほぼ時間どおりに来るようになっているし
今までは、指示どおりに出来ていないもののやりなおしを命じると
それはもう一日中文句を言っていたのに、
今回ダメな点を指摘すると、きちんと耳を傾け
理解してくれるようになっていたのです。

数ヶ月にしてはずいぶん顕著な成長なので、
どうしてかな?と思っていたのですが
どうやら彼は、スタッフの一人に恋をして
心を入れ替えようとしているみたいです。

andu ametの成功と彼の恋の成就が
目下の私の願いです。

andu amet night☆

andu ametは、本当に多くの方々の応援によって成り立っています。
私自身はもちろん全員とお会いしていますが
それぞれはまだ面識がありませんでした。

レザー職人、デザイナー、アートディレクター、女優、
弁護士、コンサルタント、経営者、リサーチャー…
年齢やバックグラウンド、考え方は様々ながらも
同じようにandu ametのことを思ってくださっているな方々。
きっと気が合うに違いない、いつかお互いにご紹介したいと
ずっと思っていたのですが、
今週末に開催した私の壮行会でやっとそれが実現できました!

最近私はチームの方々から雨女とよばれているのですが
当日も案の定、嵐(^^;
そんな足下の悪い中、andu ametプロボノ/サポーターさん
20名もの方々がお集りくださいました。

IMG_3152.jpg

IMG_3153.jpg

その中のお一人、NPOポレポレ代表の高橋さんからは
今回、ソーラー電池で発光するランタン、「ソーランタン」を寄付していただきました!

IMG_3151.jpg

NPOポレポレは、フェアトレード製品の販路開拓と物流支援を目的に
今年設立されたばかりの団体で、
andu ametではECをご担当いただいています。
先日、設立記念パーティに私もお邪魔してきたのですが
その際に参加者から集められた寄付金で、
現地工房のため、ソーランタンをご購入くださったのです。

最後に皆様から、メッセージカードをいただきました!

IMG_3155.jpg

こんなに素敵な方々に支えられていることに改めて感謝をすると同時に
皆様のご期待に応えられるよう今後も全力を尽くさなきゃ、と
気持ちが引き締まる思いの夜でした。

Journey of andu amet

「Best wishes for your journey. Don't give up!」

IMG_2889.jpg
アキュメン ファンド CEOにしてブルー・セーターの著者、
ジャクリーン ノヴォグラッツさんからいただいた言葉


***

今回のエチオピア出張中は、サンプル作成など現地での仕事をすすめながら、
同時に日本とのやりとりも行っていた。
ある日本の団体からの投資を得るためだ。

その団体は、”パートナー”と呼ばれる100名近い構成員からの出資金をもとに
資金提供をしてくれるだけでなく
投資先のニーズに合わせてパートナー自らが各自の専門性を活かした経営サポートを行うという
非常にユニークな投資スキームを持っている。
事業基盤を整え、基礎体力をつけることが重要課題の今のandu ametにはそれがとても魅力的で、
投資先として応募していた。

一次選考を通過して、最終選考へ進める6団体のうちのひとつにはなんとか選ばれたが、
製作の都合上、どうしてもエチオピアへ行かなくてはならなかった。
そこで、日本のプロボノチームがそれぞれに決めた担当の箇所のたたき台を
作成してくれることになった。

チームの皆は、本業で多忙な中、とても献身的に作業を進めてくれた。
遠く離れたエチオピアで、
彼らと毎日のようにメールや国際電話でやりとりをつづけながら
なんとか資料を完成させて提出。
審査の2日前にぎりぎり帰国し、徹夜で練習したプレゼンを披露した。

それでも、結果は残念ながら落選だった。
その報告を受けた日は正直、かなりショックだった。
このひと月の苦労はなんだったんだろう、と脱力し
緊張のあまり大切なことを言い忘れてしまったり、スムーズに話せなかったりしたことを悔やんだ。
手伝ってくれたチームの皆になんとお詫びをしたらいいのか…そんなことばかり考えた。

ところが、そんなダメダメな私に
このひと月の間最終選考へ向けた準備を一緒にしてくださったパートナーから2名もの方が、
なんと個人的に(その団体のオフィシャルな支援とは別に)
andu ametのプロボノチームに入って私たちを応援したいとお申し出くださったのだ。
思いもかけない出来事だった。

お二人の内の一人は、ご自身もフェアトレード製品の販売をされていらしたのだが
現地で製造に携わることはなく、それが実際にどれだけ大変なことなのかか、
ただものを仕入れて売っているだけの自分はどれだけ楽なことをしているのか、
(注:もちろん実際はそんなことないと思うが)
現地で奮闘している私を見て、応援したいと思ってくださったとのことだった。
また数時間に渡る最終選考の審議中も、彼はなんとかandu ametを合格させるべく
それはそれは、かなり必死に戦ってくださっていたそうで
その時の様子を後で別の方から聞いたときは、感謝で胸がいっぱいになった。

もともといたチームメンバー達からも
「結果は残念だったけれど、今回こうやって資料作成したおかげで、
いままで不明瞭だったことがクリアになったから良かったじゃない」
「鮫島さんがいない間に、逆に皆の結束力が高まった。今まで全部一人で抱え込んでたと思うけど、皆ももっとコミットできるということがわかったし、これをきっかけに、またどんどん前進していこう」…etc. というとてもありがたい言葉を頂いた。
一番時間を割いてくれた、新入りのプロボノさんからは
「そうですか、ま、残念ですが次いきましょう。次は何を目指しますか。どんどん計画たてましょう!」とさくっと言われてしまった。

そうだった。
こんなことで私ひとりがくよくよしているわけにはいかない。
やらなきゃいけないことは本当に山のようにあるんだ…!

残念ながら目指していた支援を受けることはできなかったけれど、
代わりに別の大きなものを得たことに私は気がついた。

というわけでandu amet号はまた新たなメンバーを乗せ、
さらなる航海へと出かける。
これからもどんな困難が待ち受けてるかわからないけれど、
チームのメンバーや、周囲の人たちの応援を燃料に、前進し続ける。
Twitter
 
resent post
全タイトルを表示
category
tags

エチオピアンビューティ 風景  東日本大震災 イベント HIRUT co_samet クリエイター 音楽 製作風景 革にまつわるエトセトラ anduametのこだわり ダンス アート 職人さん 

calendar
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
profile

hiroko

Author:hiroko
株式会社andu amet代表

ETIC.ソーシャルベンチャースタートアップマーケット第1期メンバー
http://startups.etic.or.jp/archives/231/

イノベーショングラント第5期フェロー
http://www.i-grant.jp/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。