スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ移転のおしらせ

andu ametのブログはこちらにお引っ越ししました。

http://www.anduamet.com/
スポンサーサイト

品質問題、その後

こちらでのご報告が遅くなってしまったのですが
以前ポストした製品の品質問題(「2/13 ファーストサンプル」参照)は
その後、現地パートナーや職人さんたちと何度も話し合い、
トライアンドエラーを繰り返して、
問題点は全て解消されました!

たとえば、しわ。

エチオピアンシープスキンは、他のレザーとくらべて非常に薄く、
だからこそしなやかで柔らかい、独特の風合いが楽しめるのですが
その分、縫製時にしわや傷ができやすいという欠点があります。

エチオピアンシープスキンは世界でも最高峰と謳われるほど素晴らしい素材ですが
にも関わらず日本にほとんど入ってきていません。
その理由の一つとして、素材の繊細さゆえ、非常に高い縫製技術が必要とされ、
量産ができないということもあげられています。

本来であれば芯材などを利用して問題を解消したいところですが
副資材の種類が少ないエチオピア。
代わりにありとあらゆるもので試した結果、
実は"ある身近な文具"で、しわをなくすことに成功しました!

その他にも、パーツをひとつひとつ工房で、
andu ametのバッグに合うように再加工したり
糸に一工夫をしたり…

手間ひまをかけ、丁寧に作り直したものを
再度日本へ送り試用した結果、
問題がなかったため、
全ての製品を改めて生産し直し、販売できることになりました。

4月22日よりローンチするフェイスブックページ内のウェブショップを皮切りに
都内セレクトショップ・専門店などでもお取り扱いいただく予定です。

詳細は、andu amet facebook pageにて追ってご報告いたします。
どうぞよろしくお願いいたします。

3回泣いた日

今日はじめて現地パートナーと言い争いをした。

そもそもの発端は、今かりているショップ兼工房の隣の部屋を又借りできることになったこと。
前払いするにあたり、簡単な契約書を作ろうと提案したのだけど
彼女にとって、契約書を作るということイコールその人を信頼していないということになるようで
「そんなことをしたら、彼らも私たちを信頼しなくなって、3ヶ月後には別の人に又貸ししちゃう」と聞かない。

今後も契約のたびに契約書が必要なのだという話から将来のことに話がひろがっていく中で、
「ヒロコはいざとなれば日本に帰ればいいのだろうけど、
私はこの国でずっと生きて行かなきゃいけないの。
だから失敗したくないの!」
と言われ、悲しくなってしまい
「私だって、会社辞めて、いままで働いてきてためた全財産をつぎ込んで、
それでも足りなくて、
いつか私が結婚するときのためにと両親がずっと貯めていてくれたお金を頭を下げて借りて、
友達にもたくさん出資してもらって、この仕事に全人生かけてるんだよ。
失敗したら日本にかえればいいなんて二度と言わないで」と言って泣いてしまった。

今までそういう話をしたことがなかったので、彼女はびっくりしていた。
何故そんなにお金がかかるのかと聞かれ
輸送や私の出張にかかっている費用を伝えた。
また、今の製造数を維持しているだけでは赤字で、
黒字化するためには最低今の1.5倍の製品を製造することが必要だとも伝えた。

将来的に製造量を増やす計画であることは話していたけれど
それまでにかかるコストは私が支払うのだし
貨幣価値の異なるエチオピアでそれは相当高額になるため
詳細を伝えたらパートナーが怖がったりプレッシャーに感じると思って
今までは伝えいなかったのだ。

パートナーはしばらく考え込んでから
「そんなにたくさんのコストがかかるなんて知らなかった。
 たしかに私、今のこの数を作るのだって大変なのに倍も作れる自信がない。
品質を下げればたくさん作れるけど、日本はそれじゃだめでしょう。
…でもやるしかないよね。
今まで以上にがんばらないといけないけど…ヒロコがそこまでかけてくれてるんだから。
でもヒロコ、これからは全部私に言わないとだめだよ。
私たちパートナーなんだからね。一緒に仕事してるんだからね」
私はそれを聞いてまた泣いてしまった。

その日、なんとなく気まずいような照れくさいような気持ちで一緒に工房へ出かけたら、
いつもは態度の悪い、元ストリートチルドレンの職人さんが
ご機嫌な様子でこうつぶやいるのが聞こえた
「ファレンジ(外国人)とアベシャ(エチオピア人)が一緒に仕事するといいね、
どっちかだけで作るよりいいものが作れるね」
実は、作り直しを重ねながら何ヶ月もかけて開発していたオリジナルバッグが
昨日の夜、やっと完成したのだ。
それを聞いて、私はまた泣いてしまい、皆に笑われてしまった。

まじで死にかけた

郊外のタナリー(革なめし業者)へ車で向かう途中、
事故に遭ってしまいました。

左後を走っていたトレーラーが、
私たちの車の右後にぶつかってきて、
バランスをくずした私たちは左にターン。
トレーラーに垂直になる形で10メートル近く引きずられたのです。

車を降りて驚いたのですが
トレーラーはかなり巨大!
もう少し向こうのスピードが早かったら
二人ともこの世にはいなかったでしょう。
窓ガラスは割れ、ボディも大きくへこみましたが
幸い乗っていた私もヒルットも
怪我ひとつありませんでした。

pict-1.jpg
pict-2.jpg
pict-3.jpg
pict-4.jpg
pict-5.jpg


でも、ここからが大変!
ポリスがやってきて、炎天下の中、聞き取り開始。
続いて車で10分くらいの場所にある警察署へ連れていかれ
(ちなみに、ドアの開閉もままならなくなった壊れた車で移動させられた…!)
サインだけさせられてまた現場へ戻り
また、炎天下の中、延々と現場検証をしたあと、またまた警察署へ。
なんだかんだと5時間近く拘束されてしまいました。

しかも現場検証を担当したポリスに「左後にぶつけられたあとがある。
君たちがまっすぐ走ろうとしていたところ、
トレーラーがぶつかってきたという証拠だ」
と言ってもらえていたのに
最後の最後になって、100パーセントこちらの過失に…。


ぶつかってきたのは明らかに向こうなのにありえない。何故!?
と思っていたのですが
翌日になって理由がわかりました。
現場検証のあと、ヒルットは担当者に
どうも「今ここで小さなお金を払えば、あとで大きなお金を払わないですむように
してあげるから、安心しなさい」みたいなことを言われたらしいのですが
ピュアな彼女はそれが賄賂だとわからず、何も払わなかったらしいのです。
話を聞きながらヒルットよりちょっと汚れている(?)私は
うわあああそういうことかあ~と絶句。
ていうかヒルット…ピュアすぎる…

でもまあとにかく彼女も私も怪我ひとつなく無事で
これからまた仕事できる。
修理代も思っていたほどかからなそうだし
これから、がんばって稼ご~~!!
と二人で改めて結束を固めたのでした。












MERRY CHRISTMAS!

独特の暦を持つここエチオピアでは1/6がクリスマスイブ。
今、街中はクリスマス一色です。

パートナーのショップ兼工房が入っているビルでは
コーヒーや、アベシャダボ(お祭りの時にたべる巨大なパン)が振る舞われました。

pict-1.jpeg

pict-2.jpeg

ビルエントランスもこんな感じで派手にデコレーションされています。

pict-3.jpeg

最後にくじがあったのですが、賞品はなんと羊一匹!

そんなの当選したら、持って帰るのが大変?
いえいえ、そんなことありません。

ミニバスの屋根にのっけて持ち帰ることが可能です。
にわとりくらいだと、車内に同乗もできます。

pict-4.jpeg

それにしても、10年前はクリスマスツリーもサンタクロースも
街でみかけることはまずありませんでした。
この10年でいかに海外の情報が流入し、
(こういったプロモーションが実施できるほど)エチオピアが発展したかを
こんなところからも読み取ることができます。
Twitter
 
resent post
全タイトルを表示
category
tags

co_samet 革にまつわるエトセトラ 製作風景 風景 クリエイター HIRUT アート イベント 職人さん  エチオピアンビューティ 音楽 東日本大震災 ダンス anduametのこだわり 

calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
profile

hiroko

Author:hiroko
株式会社andu amet代表

ETIC.ソーシャルベンチャースタートアップマーケット第1期メンバー
http://startups.etic.or.jp/archives/231/

イノベーショングラント第5期フェロー
http://www.i-grant.jp/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。