スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

品質問題、その後

こちらでのご報告が遅くなってしまったのですが
以前ポストした製品の品質問題(「2/13 ファーストサンプル」参照)は
その後、現地パートナーや職人さんたちと何度も話し合い、
トライアンドエラーを繰り返して、
問題点は全て解消されました!

たとえば、しわ。

エチオピアンシープスキンは、他のレザーとくらべて非常に薄く、
だからこそしなやかで柔らかい、独特の風合いが楽しめるのですが
その分、縫製時にしわや傷ができやすいという欠点があります。

エチオピアンシープスキンは世界でも最高峰と謳われるほど素晴らしい素材ですが
にも関わらず日本にほとんど入ってきていません。
その理由の一つとして、素材の繊細さゆえ、非常に高い縫製技術が必要とされ、
量産ができないということもあげられています。

本来であれば芯材などを利用して問題を解消したいところですが
副資材の種類が少ないエチオピア。
代わりにありとあらゆるもので試した結果、
実は"ある身近な文具"で、しわをなくすことに成功しました!

その他にも、パーツをひとつひとつ工房で、
andu ametのバッグに合うように再加工したり
糸に一工夫をしたり…

手間ひまをかけ、丁寧に作り直したものを
再度日本へ送り試用した結果、
問題がなかったため、
全ての製品を改めて生産し直し、販売できることになりました。

4月22日よりローンチするフェイスブックページ内のウェブショップを皮切りに
都内セレクトショップ・専門店などでもお取り扱いいただく予定です。

詳細は、andu amet facebook pageにて追ってご報告いたします。
どうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

エチオピアで作るということ。日本で販売するということ。

今こちらでは毎日サンプルを作っています。
職人さんに、日本人がいかに「正確で」「細かく」「丁寧に」作られたものが好きかを
時間をかけてじっくり説明し、頭を突き合わせながら、ひとつひとつ一緒に製作をしています。

実のところ、ケニアやタンザニアなど他の東アフリカと比較しても
外資がほとんど入っていないこの国のものづくりはかなりレベルが低いと言わざるを得ません。
町のテイラーをのぞくと、ほとんどの人がボールペンで生地に直接印を書き付けていて
よく見ると前身ごろに「front」と書いてある服を来ている人もいたりするくらいです。
子供の頃からそのようなものに囲まれて過ごし、高品質な製品はほとんど見た事がない人たちに
日本の市場を理解してもらうのは、なかなか大変な仕事です。

本音を言えば、ほんの少しの不良も許されない日本の市場にたいして
全く疑問を持っていないと言えば嘘になります。
例えば、今の仕事をはじめる前は、とあるグローバルブランドで働いていたのですが
本国フランスやUS、その他すべての国で許容範囲に入る微妙な色違いやキズ、
箱潰れが日本市場では許されず、破棄されていました。
高品質を追求することはとても重要なことですが、
それを維持するために本質的には全く問題のない製品を
本当に”不良品”として破棄するべきなのか。
いつも葛藤をしていました。

それでも、andu ametの製品を多くの日本の方々に受け入れてもらうためには
私たちもその品質を目指さなければいけません。
途上国初だから、かわいそうだからといって買ってもらうブランドには絶対にしたくないのです。

そのために日本でも、デザイナーさんや職人さんと相談を重ね、試行錯誤しながら
エチオピアにある機材と彼らの今の技術を最大限に活かして
製作できるデザインを作ってきました。
でも一番重要なのは、やはり職人さんに丁寧に仕事をすることの大切さを知ってもらうことです。
縫製はもちろん、カットや、残った革の保管方法、完成品の取り扱いまで、
あまりにも細かく言うので、スタッフは間違いなくうるせーなーと思ってると思います。
それでも、自分たちが作った製品が、
今まで作ったものとまったく違う完成度に仕上がっていることは
彼らも少しずつ分かってきているようです。
今はつきっきりで作業しているのでなんとかそれなりの形に仕上がりつつありますが
ある程度まとまった数を作ることになった時に、どれだけ品質を維持できるかが最大の課題です。


製作風景
手前にいるのが現地製造責任者のヒルット。

製造3
この真剣なまなざしを見て!

製造5
革の上に刺繍してみました。道のりは遠い…。

製造6
日本であれば機械で一瞬の梳き(革の端を薄く梳く作業)ですが、こちらでは全て手作業。時間も手間もかかります。



エチオピアワークショップ

前回のポスト<皮革工場見学会>の翌日
クリエイティブチームの方を対象とした
ワークショップを行いました。

エチオピアのレザープロジェクトで
デザインやパターン作成を担当してくださるクリエイターの皆さん、
実はひとりをのぞいて誰もエチオピアへ行ったことがありません。
今までは私が当地のあらましや素材などについて
何度か説明してしてきたのですが
やはり行った事もない国のこと、なかなかぴんとこない様子。
そこで、実際に体験をしてもらうことにしたのです。

まずは、恐らく日本でもっともエチオピアを愛する男、F氏に登場してもらいました。
実はこの方、エチオピアでは超超有名人。
昔、現地で彼が出演したラジオ番組は今でも頻繁に再放送され
町に住んでいる人で彼を知らない人はいない、という伝説の人。
(これ、ホントです!)
そんなF氏が、笑いを織り交ぜながらも熱く熱く語る(たまにちょっと盛る)
エチオピアの生活や風習、エチオピア人の人となりなどのお話に
皆も興味を示してくれた様で、質問が飛び交います。

IMG_1623.jpg

続いては、モカエチオピアというエチオピアのダンスクラブに所属する
T氏によるエチオピアダンス講座。

はじまる前にちょっと準備が…とトイレへ行くので
なんだろうと思っていたら
なんと、民族衣装で登場してくれました!

IMG_1625.jpg

エチオピアには80もの民族があり
それぞれに異なる言葉、異なるファッション、異なる価値観...etc.を持っています。
そんなの民族の違いを、それぞれのダンスを通して紹介してくれました。

IMG_1626.jpg

クイズで見事正解したKさんには
民族衣装を試着してもらいました。
独特の刺繍がとってもかわいい!と女性陣から大好評。
よく似合ってます♪

IMG_1630.jpg

最後に皆で実際にそれぞれの民族のダンスを。
異国のリズムに身を任せ
気分はすっかりエチオピア人になった…かな?

IMG_1635.jpg

ランチはもちろんエチオピア料理さんへ。
普段土曜日のランチはやっていないのですが
無理をいって開けてもらっちゃいました。

エチオピアでは、インジェラという
イネ科の植物を醗酵させ、クレープ状に焼いた薄いパンの上に
ワットという辛いシチューをのせて、一緒にべます。

IMG_1640.jpg

店長のリリーさんが、お料理やお酒について説明をしてくれました。

IMG_1645.jpg

ただ、皆にはかなり辛かったみたい。
刺激が強すぎたかな?
大量に残ってしまったインジェラは
エチオピア人の奥さんを持つT氏が全て持って帰ってくれました…。

午後も引き続きワークショップを予定していたのですが
諸事情により、この日はここで解散しました。

このエチオピアプロジェクト、
まだスタッフにお金を払うことができないため
実はクリエイターたちは全員ボランティアで参加してくれています。
年齢も性別もバックグラウンドもさまざまですが
<デザインで世界を変えたい>という共通認識を持った
志の高い、最高のひとたちです。

彼らが、エチオピアのために何かを与えるというだけでなく
彼らもまたエチオピアから学べるような
そんなプロジェクトにしていきたいな、と思っています。

イロイロナカナカ簡単にはいかないけれど
簡単だったら、とっくに誰かがやっているものね…。
がんばろ!

Ethiopian Sheep Skin

エチオピアはアフリカで1番、世界でも10番目くらいにたくさんの家畜を保有しており、
レザーインダストリーはエチオピアで最も可能性を秘めている産業の一つだと言えます。

特に羊の革は世界でもトップレベルの品質。
0109 leather

その理由として、エチオピアが高地であること、北緯15°に位置していること、
そしてエチオピアの羊がレザーにもっとも適した品種であることなどがあげられます。

ただコーヒーやその他の作物と同様、
本当に品質の良いものはすべて輸出されていて
国内市場ではどんなに探してもみつけることはできません。
私が現在企画しているブランドでは
素材調達から最終加工まで、全て現地で行いたいと思っているため、
こちらへきてからはずっと、最高品質の革を求めて
毎日のようにタナリー(革なめし工場、メーカー)をまわっています。

エチオピアのタナリーで作られるファーストグレードの、
つまり輸出用の革は間違いなく素晴らしく、
そのなめらかさ、吸い付くようなふんわりとした柔らかさ、ストレッチ力、軽やかさは
実際に見て触れてみなければ、
きっと私がここでいくら言葉を尽くしても伝えきれないと思います。
(ちなみにちょうど昨日、あるカジュアルな打ち合わせの席で、
同席されていた方のお子さんがこの革の端切れをみつけ、
その打ち合わせが終わるまでの間その端切れでずっと顔をなでてうっとりしていました。
あれ写真とっとけばよかったかな。笑)

ただ問題は、私たちのブランドがまだとても小さく、大きなロットの発注が難しいことと、
国内マーケットで購入する革の値段の何倍もするため、生産コストがかさんでしまうことです。

それでも、なんとしても私はこの革を日本に紹介したいのです。
エチオピアといえば飢餓や干ばつというイメージがつきまといますが、
そうではなく、いつか最高級の革がとれる国、
ファッショナブルで品質のよいレザーバッグやジャケットをたくさん生産している国
というイメージにしてみたいと思っています。

おまけ1 エチオピアでもっとも大きなタナリーにて。グレードチェックをしている様子。
0109.jpg

おまけ2 同じく、レザーのサイズを機械で計っている様子。
0109size.jpg

Twitter
 
resent post
全タイトルを表示
category
tags

co_samet 革にまつわるエトセトラ 製作風景 風景 クリエイター HIRUT アート イベント 職人さん  エチオピアンビューティ 音楽 東日本大震災 ダンス anduametのこだわり 

calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
profile

hiroko

Author:hiroko
株式会社andu amet代表

ETIC.ソーシャルベンチャースタートアップマーケット第1期メンバー
http://startups.etic.or.jp/archives/231/

イノベーショングラント第5期フェロー
http://www.i-grant.jp/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。